女性の還暦祝いは失礼にならない?

還暦とは、満60歳の方のことを指します。
女性は男性よりも、年齢を聞かれることに少し壁があると言いますか・・・・・よく「女性に年齢を聞くのは失礼だ!」なんて言われますよね?
還暦=60歳というわけで、「還暦」と言えば年齢がわかってしまいます。
女性に還暦祝いをすることは失礼にあたってしまうのでしょうか?
書いて行きたいと思います。

 

女性と男性の還暦への思いの違いはある?

 

なんと、還暦祝いは昔、男性だけが対象だったみたいなんです・・・・・。
なので、女性の還暦祝いは存在しなかったのです。
なぜ男性だけ還暦祝いがあったのかというと、家督を後継者や長男に世代交代するという意味があったみたいです。
ですが、現在では男性だけではなく女性も満60歳を迎えたら還暦祝いしてあげるのが一般的になっています。
ですが、女性の還暦祝いをする場合は少し配慮が必要になってきます。
女性の場合、男性よりも「年をとることに嫌気がある」「抵抗がある」という方が多いようです。
さらに還暦=お年寄りの仲間入りという考え方をしている女性が多いようなので、還暦祝いを嫌がる方もいます。
女性の場合、年齢を気にする方がとても多いので、還暦祝いをすることに抵抗があったり、恥ずかしかったりする場合もあるので、その人その人にあったお祝いの場を考えなければいけないかもしれません。
盛大に還暦祝いをするよりだったら、食事券や旅行券をプレゼントとしてそっと渡したり、女性の還暦祝いは「配慮」が必要です。

 

女性の還暦祝いは失礼にあたるのか?

 

女性の還暦祝いは少し、ナイーブです・・・・・。
「還暦おめでとうございます!」と言うべきなのか、言わないべきなのかすごく悩みどころですよね。
上記でも言いましたが、女性は年齢をとることに抵抗があります。
59歳から60歳になると、なんか全然感覚が違うように思う方も多いと思います。
還暦になるとお年寄りの仲間イメージが強いことから、還暦を喜んでいない女性もいます。
相手が、明らかに還暦になることを喜んでいるのであれば還暦祝いをすることは失礼にあたりません。
その場合は逆に還暦祝いをしない方が失礼にあてってしまうかも・・・・・。
ですが、還暦になることを良く思っていない場合が別です。
本来はおめでたいことなのですが、こちらがいくら祝っても「年なんだから」「お年寄り」なんて受け止められてしまうこともあります。
なので、還暦を良く思っていない場合は、わざわざ還暦のことに触れないでおいた方がいいと思います。

 

まとめ

 

女性の還暦祝いは失礼になるかならないかについて書いて行きました。
結果は、「その人の考えたかによる」ということです。
まず、還暦祝いをする前に、相手が還暦を嬉しく思っているのかどうかを配慮するべきです。
本来はめでたい還暦祝いなのですが、もちろん還暦を良く思っていない方もいます。
相手を思うあまりに、自分だけが暴走しないように心掛けましょう。