そもそも還暦祝いってどういう意味があるのか?

還暦祝い・・・・・みなさんはどういう意味があるのか知っていますか?
自分の親が還暦を迎えたときや、上司、友人などがめでたく還暦を迎えたときのためにしっかりと意味をしっておきたいものです。
今回は、いまさら聞けない還暦祝いの意味を紹介していきたいと思います。

 

還暦ってなんなの?

 

まずは還暦から簡単に説明していきます。
還暦とは、一般的に満60歳になったことを意味します。
60年で干支が一周して自分が生まれた年の干支に再び戻ることから、元の暦に戻るという意味で「還暦」と言います。

 

干支と言うと、「ね・うし・とら・う・たつ・・・・・」というのを思い浮かべる方が多いと思いますが、これが一周して還暦??と思うとちょっと意味がわからなくなってしまいますよね?
私たちが知っている「ね・うし・とら・・・・・」の十二支がありますよね?
十二支は、12年で一周するのでもっと早くお祝いするべきじゃないの?って疑問に思っている方も多いでしょう。
ですが、干支の十二支の「支」と十千の「千」からの言葉の十千には、「甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸」の10種類があることをご存知ですか?
「甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸」は、暦や時間や方角などを表現しています。
干支は「十二支」と「十千」の2つの組み合わせからなっているんです。
結果、十二支と十千の組み合わせが60種類になることから、自分の干支に還るのが60年かかるわけです。
その60年目に行う祝い事が「還暦祝い」というわけです。

 

 

還暦祝いの意味って??

 

上記で還暦の意味を理解したら、次は「還暦祝い」についてですね!
誕生日などとは違って、還暦祝いは少し特別なように感じませんか?
昔は、50歳まで生きられればすごく長生きという感じでした。
今は、80歳や90歳まで長生きする方も多くなりましたが、昔は寿命が短く60歳まで生きれば本当にめでたいことだったのです。
なので、今よりももっともっと還暦祝いは特別なものだったんです。
上記でもお話ししましたが、還暦祝いは満60歳(数え年61歳)になった方をお祝いする祝い事です。
地域によっては、赤いちゃんちゃんこを着せてお祝いするところもあるようですね。
でも、今は昔よりも「還暦祝い=赤いちゃんちゃんこ」というイメージが強くなったことから、還暦に赤いちゃんちゃんこを着せて祝う家庭が多くなってきました。
この赤いちゃんちゃんこをなぜ着て祝うのかというと、赤には「魔除け」の意味があり、これからも健康でいられますようになどの意味があるんです。
さらに他には還暦は生まれ年に戻る=赤ちゃんに戻ることを意味し、赤ちゃんの「赤」から赤いちゃんちゃんこを贈る意味もあるそうです。

 

まとめ

 

還暦は60年かけて自分の生まれ年に戻ることを意味し、還暦祝いはその年に長寿をお祝いする祝い事だということがわかりました。
昔と違って重みが少し違ってくるかもしれませんが、節目の年にお祝いをしてくれることはとても嬉しいことだと思います。
意味を理解して還暦を迎える方がいたらお祝いしてあげましょうね。